子どもと一緒に手作りしよう!簡単おやつ「みたらしだんご」

Sponsored Link

我が家では、雨の日など1日家に居る日には、手作りおやつを子どもを一緒に作ることが多いです。なぜなら時間が稼げるから!

準備に始まり、作って、待って、出来たてを食べる幸せ!子どもとそんな体験をしながら、あっという間に時間が経ちます^^

何より、添加物ゼロ!安心・安全なものを食べさせられるのは手作りの最大のメリットです。

おやつでもご飯でも、子どもと一緒に手作りすると、「こうやってできてるんだ!」という発見や、「段取り」の習得ができ、「自分で作った喜び」を味わえ、食欲が湧くと思います。

実際、ヒーもよく「こうやってつくるんだね!」と興奮気味に言っています。また、おままごとでも「必要なものは~、これと~これと~」と段取りを意識した遊び方になっていて、早速取り入れて遊んでいてすごいな、と思います。

 

粘土遊びみたいで楽しい「お団子づくり」

用意するもの(3人分、おかわりできるくらい)

  • だんご粉(110g)
  • ぬるま湯または水(80cc)

みたらしのたれ

  • 醤油  大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 片栗粉 大さじ2
  • 砂糖  大さじ4
  • 水   150cc

 

作り方

Sponsored Link

3番までは子どもと一緒にやりましょう。火を使うところは親がやってください。作り始める前に、手を洗いましょう!

  1. ボウルにだんご粉を入れ、ぬるま湯または水を少しずつ加え、まとまって耳たぶくらいの固さになるまでよくこねます。img_7696
  2. 直径2cmくらいの大きさにちぎって丸めます。少し大きいかな、くらいで良いと思います。小さいと子どもが丸呑みしてしまう恐れがあります。img_7699img_7700「粘土みたいで楽しい~!」
  3. できたら、よく火が通るように、真ん中を指でやさしくつぶします。img_7704img_7705こんな感じに真ん中がへこめばOKです。img_7710たくさん作れました。
  4. 沸騰したお湯の中に作っただんごを入れて、ゆでます。浮き上がってから約3分ゆでたら、出来上がりです。img_7712浮いてきました。
  5. ゆであがったら、ざるにあけ、冷水にとり冷やします。
  6. みたらしのたれの材料をすべて小鍋に入れて、かき混ぜながら弱火で加熱します。img_7713img_7714このように、とろみがしっかりついたら、たれの完成です。
  7. 温かい方が美味しいので、冷やしておいた団子をすべてたれの小鍋に入れて、たれをからませます。img_7716
  8. 完成です!dango

 

img_7727できたてってなんて美味しいんでしょう!パパの分を取り置きしてから、ヒーも私もおかわりしました^^

幼稚園プレでおやつに手作りお団子が出たことがあるので、2~3歳でも食べていいんだ~、と思い、一緒に手作りしました。よく噛んで食べるように声かけしてあげてください。それから、子どもが食べ終わるまで目の前で見届けてください。食べ終わったら飲み物も飲ませてあげてくださいね(心配性…)。

 

関連記事はこちらから

↓↓いろいろ手作りしたおやつ・幼児と一緒に楽しむコツをまとめています^^

>>>幼児と一緒に簡単な手作りおやつ。お菓子作りの知育ポイントは?

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です