ヘタで結構!読んだらお絵かきがしたくなる【お絵かきの絵本】

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【お絵かきの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、お絵かきの絵本

0~1歳におすすめ、お絵かきの絵本

くれよんれすとらん

【ストーリー】グルグル描いたらオムライスになったり、パスタになったり…。できあがったのはお子さまランチ!

グルグル描くだけでいろんなものが描けるんだ!というお絵かきのヒントになります。

 

1~2歳におすすめ、お絵かきの絵本

ぼくのくれよん

【ストーリー】とても大きいクレヨン。これはぞうのクレヨンなのです。青いクレヨンでビュービュー描くと、カエルが池だと思って飛び込んでしまいます…。

長新太さんの絵本は毎度ぶっ飛び具合が半端ないですが、こちらもヒーにヒットして毎日のように読まされました。

2~3歳におすすめ、お絵かきの絵本

Sponsored Link

まほうのえのぐ

【ストーリー】お兄ちゃんの絵の具を借りて遊んでいると、森の動物たちがやってきて…。

動物たちが描く個性的な絵をじっくり眺めるのも面白かったです。絵の具遊びがしたくなります。

「あかですよ あおですよ」

【ストーリー】たこの学校で、みんなが赤色のもの、青色のもの、緑のものと色々お絵かきをしています。黒色のもので機関車を描いたらみんなが墨を吐いて…。

それぞれの色にどんなものがあるかを知れる絵本です。よく見るとどの色のお題を言われても車を描いている子がいたり、同じくどの色でもお花を描いている子がいたりして、面白いです。ヒーはみんなが描いている絵をひとつひとつ指さして「赤いおはなだ!」とか確認するのが好きでした。お絵かきがしたくなります^^

3~4歳におすすめ、お絵かきの絵本

くれよんのくろくん

【ストーリー】くれよんたちが画用紙を見つけ、どんどん絵を描いていきますが、くろくんだけ呼ばれません。描きたいと思っても、くろくんはダメだと言われてしまいます。シャープペンのお兄さんに耳打ちされたくろくんが取った行動は…?

「削り出し・スクラッチアート」のお話です。カラフルな色で塗りつぶした後、黒で全体を塗りつぶし、シャープペンや楊枝で削りながら描くと、下のカラフルな色が出てくる、というアレです。この絵本を読んだ後、実際にヒーと一緒にやってみたらとても喜んでくれました^^

 

てん

【ストーリー】ワシテは絵を描くのが大嫌い。ある日先生に言われて描いたのは、小さな点。

絵を描くのが嫌いだったワシテが、先生の一言によってどんどん自分に自信を持ち、ありのままでいいんだとわかっていくストーリーが素敵です。この先生のような大人でありたいと思いました。

知育ポイント

たくさんお絵かきしましょう!親は黙って、一緒に絵を描くか、見守りましょう。「目はここ」「髪の毛は?」など指示をしないで、好きに描かせてあげましょう。

握り持ちでもなんでもいいのでとにかくグイグイと力強く描くといいです^^ その理由はこちらの記事でご確認ください。

>>>字を書く準備になる?!お絵かきをたくさんしよう!

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です