【公園・遊具がテーマの絵本】お弁当を持って、公園で遊ぼう!

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【公園・遊具がテーマの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、公園がテーマの絵本

0~1歳におすすめ、公園がテーマの絵本

どろんこ どろんこ!

【ストーリー】くまくんが、シャベルとバケツでどろんこ遊びをします。

どろだらけになって遊ぶくまくんがとても可愛い絵本です。ぜひ、汚れても構わない服で出かけて、思う存分砂遊び・泥遊びをさせてあげてくださいね^^

1~2歳におすすめ、公園がテーマの絵本

ノンタン ぶらんこのせて

【ストーリー】ノンタンがぶらんこにのっていると、「ノンタン ノンタン ぶらんこのせて」とうさぎさん。「だめ だめ、まだ ぼく、ちょっぴりしかのってないんだもん」とぶらんこを譲りません。次々に「ぶらんこのせて」と友だちがやってきて、行列ができてしまいます…。

10数えたら交代ね、との提案に、数を数え始めるのですが、実はノンタンは3までしか数えられません。そこでみんなで10まで数えてあげる、というお話で、ヒーはこの絵本で初めて10まで覚えました。

 

2~3歳におすすめ、公園がテーマの絵本

Sponsored Link

すなばばば

【ストーリー】こうえんの すなばが すなで あふれたら?

言葉遊びも楽しいので、3歳頃なら楽しめると思います。砂場が公園の中で一番大好きなヒーにはめちゃくちゃ面白かったみたいです。

3~4歳におすすめ、公園がテーマの絵本

ブービーとすべりだい

【ストーリー】すべりだいを滑るのが怖いブービーは、今日も登ったばかりの階段を降りることに…。ある日食事の用意をするお母さんのそばにいたら、まな板のすべりだいをコロコロ転がっていく野菜たちを見て…。

誰にでもある、ちょっと苦手なこと。それをお母さんと一緒にがんばってみる、「はじめの一歩」の絵本です。

ヒーは滑り台が大好きで、見ているこっちがハラハラする程高い滑り台でもへっちゃらで滑ってきますが、トンネルタイプの滑り台は怖がっています。ブービーが高いところから見た時の景色を見て、こんなにみんなが小さく見えたらそりゃ怖いだろうな、とすべりだいが怖い子の気持ちが絵や文章からよく分かります。

知育ポイント

絵本を読んだら、公園に行きましょう!遊具で遊ばずにただ走り回るだけでもいいんです。そういう子もいますw 

親が滑り台やろう、ブランコしよう、と声をかけずに、子どもの好きなことを好きなだけやらせてあげます。(安全な範囲で^^)

 

知育ポイントもある関連記事はこちらから

↓春のお散歩アイディアを紹介しています。

>>>【春の野草・花の名前の調べ方】春を探しに子どもとお散歩しよう!

 

↓公園での効果的な遊び方などが書かれています。

>>>幼児期に「体幹バランス」遊びをして運動能力を高めよう!

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です