幼児期の英語は耳を育てよう!無料で聴ける英語のポッドキャスト

Sponsored Link

最近はテレビやDVDを見せる時間より、ラジオやCDで聴かせる時間の方が長くなってきました。音だけの方が、遊びながらや身支度をしながらなどでも聴けるからです。

今日は、我が家でも聴かせている、子ども向けの内容の、英語のポッドキャスト【無料!】をご紹介します。

イギリス|BBCのポッドキャスト「Listen & Play」

bbcL&P

イギリスのBBCの番組「School Radio」の中の、「Listen & Play」が幼児向けには一番良いと思っているポッドキャストです。歌あり、体の名前なーんだ?、虫の音なーんだ?、などたくさんのテーマがそれぞれ「お話と歌」で構成されています。

長さが15分ないくらいなので、幼児が飽きずに聴けるちょうど良い長さです。

※サイトに飛んだら、右側の「More」のところの「Listen & Play」を押すと過去のポッドキャスト一覧が出てきます。

 

イギリス|英語でおとぎ話が聴けるサイト「Storynory」

storynory

イギリスで学校の教材としても使われている英語のおとぎ話サイトがあります。イソップ物語からジャックと豆の木などのおとぎ話、ポエムまで、たくさんの物語をポッドキャストとしてイギリス英語で朗読を聴くことができます。

MP3でダウンロードもできます。

朗読される英文も全文載っているので、それを見ながら聴くのも学習に良さそうです(親の…w)。

Storynory  ※リンクから飛ぶとイギリスの英語サイトに飛びます。

Storynory.jp ※本国のサイトから公認されている、Storynoryの日本語サイトです。

こちらの日本語サイトだと、ちょっと難しめの単語については横に発音記号と訳が書かれているので、調べる手間が省けます。

 

ただ、1人の人が読むだけのシンプルな朗読なので、意味がわからないと長く感じてしまうかもしれませんが、聞き流しをするだけなのであまり気にしないで聞き流しましょう^^

 

北米|世界450の局で放送されているラジオドラマ「Paws & Tales」

Sponsored Link

こちらはアメリカ英語です。北米を始め世界で人気のラジオドラマのポッドキャストです。27分程度と幼児にはやや長いですが、朗読ではなく、キャラクターにより声も違い、効果音やBGMも流れるので、ストーリーは追いやすいかもしれません。

Paws & Tales ※サイトに飛んで「Listen Now」のボタンを押すと、最新話が聴けます。

50b22e024b448

出典:http://www.podcasts.com/paws_tales_weekly_paws-cast/episode/episode_64_shadow_valley_part_6

 

知育ポイント

「英語の耳を育てる」とは?

私の愛読書「ドクター苫米地流「天才脳」子育て術」によると、言語能力の一番発達する時期は8歳~13歳と書かれています。が、ただし書きがあり、言語を操るための土台となる「音声の合成や認識についての能力」は0歳~5歳の間にだいたい学習が終わってしまうそうです。この時期にきちんと様々な言語を構成する音素を正確に認識できるようにしておくことが大事なのだとか。

この時期に耳が育っていると、大人になってから英語を学習しなおした時に、すぐに聞き取れるようになるそうです。

 

どうやって聴かせるの?

幼児にポッドキャストの英語を聴かせる場合は、ただかけ流すだけで充分だと思っています。

たくさん聴けるので、ついいろいろなお話を日替わりで聴いてしまいそうですが、英語は繰り返しが重要だと思うので、1日1回1カ月同じものを聴く、次の月は別のお話を1つ、1日1回1カ月聴く、という方がインプットできると私は思います。

 

関連記事はこちらから

↓こちらの記事では、CD付きの英語の絵本も紹介しています。

>>>英語で読み聞かせしてる?幼児におすすめの【英語の絵本】

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です