【あいさつの絵本】挨拶ができる子にするためのコツは?

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【あいさつの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、あいさつの絵本

0~1歳におすすめ、あいさつの絵本

ばいばい

「こんにちは」と黄色いひよこさん。「ばいばい」と羽根を片方ひろげてにっこり。「こんにちは」とぞうさん。「ばいばい」と長い鼻と、太い足を片方あげて笑顔でごあいさつ。いろいろな動物の「こんにちは」と「ばいばい」が楽しめる絵本です。

1~2歳におすすめ、あいさつの絵本

Sponsored Link

はーい!

いろいろな生き物が名前を呼ばれて、ページをめくると、猫は「はーい!」と手をたかーくあげて元気よくお返事。犬は「はーい!」と耳をあげてお返事。次の生き物はどうやってお返事をするのか、ワクワクして「ワー!」と驚きのある絵本です。ヒーは毎回すごくワクワクした顔をして、ページをめくると「ひゃはー!」と大うけしていました。「はーい」を覚える頃に読んであげると赤ちゃんも楽しいと思います。また、2~3歳だと絵の面白さも楽しめると思います。

 

いただきまあす

「くまちゃんシリーズ」から、食事の前のごあいさつの絵本を。ごあいさつはいいのですが、なかなかうまく食べられないくまくんにとても共感できる可愛らしいストーリーです。お行儀の絵本ではありません。いただきます、ごちそうさま、をしっかり言えば、あとは一生懸命食べればよし。手も服も洗えばいいし、美味しく楽しく食べましょう^^

 

2~3歳におすすめ、あいさつの絵本

おはよう

「ぐりとぐら」の作者さんコンビの絵本です。朝、おひさまがあくび交じりに起きて、歯を磨いたり、顔を洗ったり…。朝の身支度をおひさまもしてるのかもしれません^^ 「おひさまも一緒だね」とヒーは言ってました。

 

こぐまちゃんおやすみ

寝る前の支度を確認できる絵本です。テレビを消して、パジャマに着替えて、歯を磨いて、トイレに行って…。自分もこうやって寝る準備をしているんだな、と分かりやすく理解できると思います。こぐまちゃんは自分で着替えて、トイレも自分で行くので、2~3歳の自分でやりたい時期に読んであげると良いと思います。ヒーが着替えを自分でできた時に、「こぐまちゃんみたいに、自分できがえられたね!」とほめてあげたら、大喜びでした。

 

3~4歳におすすめ、あいさつの絵本

「キャンディをひとつ」

【ストーリー】女の子が森の中を散歩していると、しくしく泣いているこぶたに出会い、元気づけるために持っていたキャンディをひとつあげます…。

困っている動物にキャンディをあげて、一緒に解決してあげると「ありがとう!」と言われます。やさしくされた動物はまた別の困っている動物に会ってキャンディをあげて一緒に解決してあげます。色鉛筆で丁寧に描かれた絵がとてもほんわかします。ありがとうの連鎖が嬉しくなり、誰かに優しくしたくなる絵本です。

 

知育ポイント

日々の生活で親が相手の顔を見てきちんとあいさつをすることが大事だと思います。

「ありがとうと言いなさい」ではなくて、親が「ありがとう」と言うようにしていました。今ではささいな受け渡しでも「ありがとう」が言える子になり、「ちゃんとありがとうが言えてえらいね」とよくほめられます。

「ママー!」と呼ばれたら、元気よく「はーい!なぁに?」と返事をします。「返事をしなさい」ではなく、親が返事をしているところを見せています。

子育てをしていると、本当に親の在り方って大事だなぁ、気をつけないといけないなぁと思います。私も日々精進です。

元気に挨拶がきちんとできると、子どもだって第一印象が良いし、生活にメリハリがでますし、生きていく上でかなり有利だと思いますよ^^

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です