絵の具遊びは感覚遊び!もっと遊びたくなる【えのぐの絵本】

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【えのぐの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、えのぐの絵本

0~1歳におすすめ、えのぐの絵本

いろいろ ばあ

【ストーリー】いっくよ~、あかです。いろいろ~ ばぁっ!

いないいないばあ、のように、絵の具からカラフルな色がぶにゅ~っと出てきます。始めは単色で、次第に2色がぶにゅ~っと出てきて混ざった色になったりします。ヒーはとても気に入って、この絵本を図書館で何度も借りました。

 

1~2歳におすすめ、えのぐの絵本

あおくんときいろちゃん

【ストーリー】仲良しのあおくんときいろちゃん、ある日会えなくて探しに探してやっと会えた時、とても嬉しくて重なってしまったらみどりになってしまい…。

ヒーはこの絵本で青と黄色が混ざると緑になることを覚えました。青と黄色のものがあると、「あおくんときいろちゃんみたいだね」と相当気に入った様子でした。

 

2~3歳におすすめ、えのぐの絵本

Sponsored Link

ペンキやさんの白えのぐ

【ストーリー】ある日ペンキ屋さんに小さなお客さまがやってきます。その子の注文は、「ふね」。ペンキ屋さんは大きな船を描いて、子どもたちと一緒に船に乗り、空を航海します…。

絵に描いた船に乗り空を旅する、ファンタジーな絵本です。途中黒い雲がやってきてピンチになるものの、ペンキ屋さんの機転で白えのぐで白い雲にしてしまいます。ページをめくると、雪!ヒーは雪になったよーと大喜びしていました。

はるがきた

【ストーリー】もうすぐ春だというのに、街は薄暗く灰色のまま…。ある子どもが良いことを思いつきました。自分たちで、街を春色にしようよ!

子どもの発案で街中の人が協力して街に絵の具で絵を描きます。色とりどりに葉っぱを描き、花を描き、街が春らしくなってくるのがウキウキしてしまいます。ところがある日雨が降って絵の具は全部流されてしまい、ヒーはそこで泣きそうになっていました。でも大丈夫、その雨のおかげで木々は芽吹き、草花は芽を出し、本当の春がきますから。

3~4歳におすすめ、えのぐの絵本

いろいろいろのほん

【ストーリー】じゅんびは いい? さあ、はじめよう! ゆびに あおを すこし つけて・・・きいろを なでる。どう?

フランスの作家さんで、谷川俊太郎さんが訳をしています。色の組み合わせを上手に表現している、インタラクティブな絵本です。仕掛けなどを使わずに、指でこすったり、ページを閉じたりすることによって、色が混ざる様子を見せるようにしているのが、ページを開いた時の驚きに繋がります。読者参加型の絵本なので、ヒーも一生懸命絵本の指示通りにこすったりページを閉じたり開いたりしていました。

 

知育ポイント

さあ、絵の具の絵本を読んだら、早速絵の具で遊びましょう!絵の具遊びの準備やちょっとしたコツ、遊び方のいろいろをこちらの記事で紹介しています。ぜひご参考にされてみてください。

>>>【絵の具遊び】2~3歳が夢中になる絵の具遊びのアイディア

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です