何して遊ぶ?読んだら親子で遊びたくなる【あそびの絵本】

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【あそびの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、あそびの絵本

0~1歳におすすめ、あそびの絵本

いないいないばあ

【ストーリー】いないいないばあ にゃあにゃがほらほら いないいない…ばあ!

ロングセラーの絵本「いないいないばあ」です。ヒーは本当に大好きでよく読んでいたなぁと懐かしく思います。

 

まて まて まて

【ストーリー】「まてまてまて」の言葉に、ハイハイで逃げる赤ちゃん。そのあとを追うように、ぬいぐるみのうさぎが、ぬいぐるみのあひるが逃げていきます…。

ハイハイができるようになる頃に読んであげたい絵本です。「まてまてまて」と言ってハイハイで追いかけるだけでヒーがキャッキャ笑ってハイハイしていたのを思い出します。

1~2歳におすすめ、あそびの絵本

こちょこちょ

【ストーリー】かえるさん こちょこちょ と生き物と、それをこちょこちょした時のリアクションが面白い、シンプルな物語です。

ヒーと一緒に絵本のかえるにこちょこちょして遊びながら読みました。最後にはもちろん子どももくすぐって遊んでいました。

おしくら・まんじゅう

【ストーリー】♪そーれ おしくらまんじゅう おされて ぐにゅ

ヒーが1歳4カ月頃に読んだ時には、♪おしくらまんじゅう のところで体を揺らして喜んでいました。パクっと食べる真似もしていました。この「絵本からパクっと食べる真似をする」行為はとても想像力を養う遊びです。親子サークルの先生によると、最近の子は、こういう真似っこをしないのだそうです(親がやらないから)。ぜひ、チラシで美味しそうな果物が載っていたらパクっと食べる真似を親子でしてくださいね^^

2~3歳におすすめ、あそびの絵本

Sponsored Link

うずらちゃんのかくれんぼ

【ストーリー】うずらちゃんとひよこちゃんがかくれんぼをします。どこにかくれたかわかるかな?

「もういいかい」「まぁだだよ」「もういいかい」「もういいよ」のやりとりを覚えられるかくれんぼの絵本です。ヒーはこの絵本を読んでからかくれんぼができるようになりました。

でんしゃはっしゃしまーす

【ストーリー】あかりちゃんが電車ごっこをしているとどんどんお客さんが増えていきます。カラス、ねずみ、猫…。

それぞれの生き物たちが乗ってくる草木の駅も素敵です。次はどんな駅で、誰が乗ってくるかな…?と楽しめる絵本です。

3~4歳におすすめ、あそびの絵本

もりのかくれんぼう

【ストーリー】お兄ちゃんとはぐれた女の子、気が付くと森の中に迷い込んでいて…。

とても細かく描かれた絵本で、もりの妖精や動物たちと一緒にかくれんぼをしている気分になれる絵本です。森の中に紛れ込んだ動物たちを探すのが結構難しいです^^

 

知育ポイント

それぞれの絵本にでてくる遊びを実際にやってみます。見るのとやるのでは大違い、とっても楽しいんだなぁと全身で分かると思います。

特にくすぐり遊びは、親子の遊びの中で重要です。くすぐったいという気持ちは、赤ちゃんが自分と他人を区別できるようになった証。そして心を開いている人にしかくすぐられても笑ってくれません。くすぐり遊びでちゃんと笑ってくれれば子どもとコミュニケーションを取れている、信頼関係はちゃんとできている、ということです。

 

一家に一冊置いておきたい遊びの図鑑

遊び図鑑―いつでも どこでも だれとでも

小学生くらいから読めると思います。主に親が読んで子どもと一緒にあそぶ「遊び図鑑」です。家の中や外での遊びがた~くさん詰まった分厚い本で、細かく丁寧にイラストとともに紹介されています。草笛の吹き方から、花の冠のつくり方やケンケンパの遊び方など、昔ながらの遊びが網羅されています。これを読むと実際に遊んでみたくなるのでおすすめです。むか~しやった記憶はあるけど、どうやるんだっけ?という時にとっても役立ちます^^

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です