卵から生まれるのは誰かな?食べても美味しい【たまごの絵本】

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【たまごの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、たまごの絵本

0~1歳におすすめ、たまごの絵本

たまごさんがね‥

【ストーリー】たまごさんが、ころころころがって、ぐしゃーんとつぶれてしまいました。でも「しんぱいごむよう!」さて、どうするのかな…?

ぐしゃーんとつぶれてしまうのが結構衝撃ですが、最後には素敵な料理に変わって一安心の、たまごさんの絵本です。

1~2歳におすすめ、たまごの絵本

たまごのあかちゃん

【ストーリー】「たまごの中に かくれんぼしてる 赤ちゃんはだあれ? でておいでよ」のセリフで、次のページをめくると、たまごからいろんな生き物が出てきます。

おしゃべりができるようになってからは「でておいでよ!」のところはヒーも一緒に声を出していました。どんな生き物が卵から生まれるのか、よくわかる絵本です。

 

いろいろたまご

【ストーリー】「たまごよたまご なにになる?」の掛け声で、卵たちが、ゆで卵になったり、目玉焼きになったり…。

卵料理がいろいろでてくる絵本です。今日のおかずは何にしようかな、と一緒に考えるのも楽しいです。

2~3歳におすすめ、たまごの絵本

Sponsored Link

ふしぎなたまご

【ストーリー】野原に白い卵が落ちていて、めんどりも、おんどりも、いぬも、ねこも、「わたしのだよ」と言いますが…。

ミッフィシリーズの作者、ディック・ブルーナの絵本です。いったい誰の卵かな?ヒーは「いぬは、ちがうよね?」ともうわかっているようでした^^

 

にわとりとたまご

【ストーリー】にわとりが卵を産み、卵がかえってひよこが成長します。

文字のない絵本です。卵からひなが産まれるところがクローズアップされて描かれています。

3~4歳におすすめ、たまごの絵本

ぐりとぐら

【ストーリー】料理することと食べることが大好きなのねずみのぐりとぐらが、森で大きなたまごを見つけます…。

カステラが食べたくなる絵本です。クックパッドにもレシピがありますね。ぜひ子どもと一緒に作ってみましょう^^

 

びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし

【ストーリー】いしころじまに住んでいる3匹のカエル。ある日とっても目立つ丸い石ころを見つけて持って帰ると、それは実は卵で、中から変な生き物がでてきます。3匹はそれをニワトリだと思い込み…。

「知ったかぶり」がテーマの絵本です。知ったかぶりでそれを「ニワトリ」だと思ったカエルたちは、最後までワニを「ニワトリ」だと思い込んでいるので、小さい子にはちょっと紛らわしいお話かもしれません。ヒーは、初めから「ニワトリじゃないよね!?」とツッコミ、「だからニワトリじゃないよぅ!」と言っていました。

 

知育ポイント

我が家では、卵を買ったり、卵を割ったり、しました。それから、カナヘビ(トカゲの一種)の卵を見つけてしばらく飼育し、孵したことがあります。動物園でこれは卵で生まれるかな?というクイズをしながら歩いたり、ウズラの卵は小さくて、ダチョウの卵は大きい、とか、鮭のたまご(イクラ)はもっと小さい!とか、いろいろな卵を実物を見せたり、写真を見せたりしています。

関連記事はこちらから

↓「食」に興味を持たせるための工夫をまとめました。

>>>【食べ物の絵本まとめ】食育は絵本からもアプローチできる?

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です