【父の日】におすすめの絵本【パパと子どもの絆が深まる絵本】

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった”パパが出てくる”【パパと子どもの絆が深まる絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。最後に知育ポイントがあります。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、パパと子どもの絆が深まる絵本

0~1歳におすすめ、パパと子どもの絆が深まる絵本

なーらんだ

【ストーリー】ぶーぶー くるまが なーらんだ

いろんなものがページをめくると並んでいる、という絵本です。最後にパパ、赤ちゃん、ママで並ぶのがほほえましいです^^

1~2歳におすすめ、パパと子どもの絆が深まる絵本

うさこちゃんとうみ

【ストーリー】うさこちゃんは、とうさんと海にいくことにしました…。

うさこちゃんがお父さんと海に出かけるお話です。自分で着替えられたうさこちゃんに驚くお父さんが、あるあるです^^ お父さんが気づかないうちにどんどん成長しているんですよね。

パンダ銭湯

【ストーリー】ここはパンダのためのお風呂屋さんです。パンダの、柄だと思われている模様は服だったのです!パンダたちは黒い靴下を脱ぎ、黒い上着を脱ぐと…。

パパパンダと子パンダの、銭湯での様子にとてもなごむ絵本です。ヒーは大喜びで、何度も読んでとせがむうちに暗記してしまい、自分で読んでる風に読めるほど大好きでした。今では自分で読めるようになりました^^

 

2~3歳におすすめ、パパと子どもの絆が深まる絵本

Sponsored Link

パパ、お月さまとって!

【ストーリー】ある日、モニカはパパにこんなお願いをします。「パパ、お月さまとって!」さあ、パパはどうするのでしょうか…?

「はらぺこあおむし」の作者、エリックカールの絵本です。横に、縦に、大きく広がるしかけ絵本です。大きく広がるので満月の大きさがよくわかります。パパが無茶なお願いをバカにしたり無視せずにちゃんと対応してくれるところが素敵です。

 

3~4歳におすすめ、パパと子どもの絆が深まる絵本

かさ

女の子が赤いかさをさして、黒い大きなかさを抱えてお父さんを駅まで迎えにいくストーリーが文字のない絵本で描かれています。

ページをめくるたびに赤いかさを探していると、一緒にお迎えに行っている気がしてきます^^ ヒーはめくったとたんに赤いかさを見つけて大満足していました。「どんな場所を歩いているかな?」「どこに向かっているのかな?」など聞いてあげてくださいね。

 

日本昔ばなし ねずみのよめいり

【ストーリー】一生懸命育てた娘だから、ねずみよりも立派な相手にやりたいものだ、と父さんねずみは娘のために「ねずみより立派な相手」を探す旅に出ます…。

日本の昔話です。とても細かく描かれた鉛筆画のようなイラストと、版画のシーンとがある、とても絵をじっくり見たくなる絵本です。文章が短めでしたので3歳になる前のヒーでもちゃんと最後まで聴けました。

 

えんとつ町のプペル

【ストーリー】えんとつがたくさんあるえんとつ町に住む、えんとつ掃除の少年ルビッチには友達がいません。ある日、ゴミ処理場で生まれたゴミ人間と出会い、仲良くなると…。

ハロウィンのお話ですが、亡くなったお父さんとの絆にとっても温かい気持ちになる絵本です。キングコングの西野さんの渾身の作品で、絵は細部まできめ細やかに描き込まれ、ストーリーもとても長いです。ヒーには連続ドラマのように、今日はここまで、と何日かに分けて読んで聞かせています。

 

知育ポイント

ヒーは、重機系の絵本をお父さんに読んでもらうと、迫力が私が読む時とは段違いなので面白いようです。乗り物好きなお子さんにおすすめです。

あとは、何度もお母さんに読んでもらっている子どもの大好きな絵本を、お父さんに読んでもらうのも新鮮で良いと思います。読み手が違うだけで、違うお話のように感じるみたいです。

お父さんの目の前でもいない時でも、「パパってすごーい」「パパって頼りになる~」などパパを褒めたり尊敬しているところを子どもに見せると、子どもはお父さんが大好きになります^^

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です