ヒー的、1歳児向けおすすめ絵本ベスト3

Sponsored Link

ヒーが1歳児の頃にスマッシュヒットした絵本ベスト3を紹介します。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

 

1.動作を真似する可愛さ!「だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)」(かがくいひろし・ブロンズ新社)

「だるまさんが」では、ぷしゅーでしゃがみ、びろーんで伸びたり。だるまさんの真似っこをする姿がとても可愛いのでぜひ読んであげて欲しいです。

「だるまさんの」では、何度も読むうちに自然に覚えてしまい、自分の目・手・歯・毛を示すようになります。絵本の力は素晴らしいです。

「だるまさんと」では、くだものの名前を覚えたり、動作を真似したりします。特に、まだできないピースを一生懸命やってる風な仕草には萌えます。

2.数が数えられるようになる「ノンタンあそぼうよ(21冊セット)」(キヨノサチコ・偕成社)

私自身ノンタンシリーズが大好きだったので、一番好きなこの絵本を、ヒーが気に入るかどうか試しに購入しました。

初めて読んだ1歳1カ月の頃は、まだ長かったようで、途中で飽きられてしまいました。ところが次第に最後まで聞いてくれるようになり、1歳半頃には、「『1・2・3しかかぞえられないの…』のところで『えー!?』と一緒に言ってくれる。各ページにいる毛虫も見つけられる」と読書記録にあります。

1歳10カ月には、一緒に「1・2・3 4・5・6…」と数えてくれるようになりました。

 

3.隅々まで楽しめる!「バムとケロのおかいもの」(島田ゆか・文渓堂)

犬のバムとカエルのケロのシリーズです。イラストが可愛らしい上、ものすごく細部にまでこだわりがあり、親もとても楽しめる絵本です。

少し早いかなと思いましたが、ヒーが1歳4カ月頃から読んでいます。初めてでもキチンと最後まで聞いてくれました。

ヒーはケロちゃんがお気に入りです。気に入り過ぎたので、私がケロちゃんのぬいぐるみを手作りしたところ、毎日小脇に抱えるほど大喜びでした。

最後のページでバムとケロが食べるパンケーキを初めて作ったら大喜び。その後は読むたびに「これたべた~!」と言ってくれました(1歳11カ月頃)。

可愛いボックスに入った「バムとケロの小型えほんボックス」もあります。

Sponsored Link

 

番外編:瞬間風速が最大だった絵本「まるまるまるのほん」(エルヴェ・テュレ・ポプラ社)

 

ベスト3の絵本はどれも1歳頃から何度も繰り返し読んでいる絵本ですが、番外編として、初めて読んだ時のヒーのリアクションが最大だったヒット絵本を紹介します。フランスの作家さんの絵本ですが、谷川俊太郎さんが翻訳しています。仕掛け絵本ではないのに、次はどうなるんだろうとワクワクする、読者参加型の絵本です。

ヒーは大興奮で、イラストを押したり、絵本を揺すったり、と上手に参加できました。一日に何度も「よんで~」と持ってくる大ヒット作でした。

1歳にもなると読む絵本の数も増えてきてベスト3に絞るのが難しかったです。ヒーの読書記録を読み返し、何度も読んだもの、リアクションの良かったものからセレクトしました。1歳児の絵本選びに、参考になれば幸いです。

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です