ヒー的、0歳児向けおすすめ絵本ベスト3

Sponsored Link

ヒーが0歳児の頃にスマッシュヒットした絵本ベスト3を紹介します。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

1.突然の指さしに感激!「きんぎょが にげた」(五味太郎・福音館書店)

名作も名作ですが、これは生後半年から読み聞かせ続けています。五味太郎さんの絵の色合いがとても好きです。

初めて読んだ時は、「読み終わってほかの本を読み始めても、「きんぎょがにげた」の表紙をずっと見ているのでもう一度読んであげた」と読書記録に記してあります。

9カ月の頃には、「細かいところまでじーっと絵を観察しているみたい」。そしてとうとう、1歳になる頃、「カーテン、植木、ドアのページのきんぎょを指さしたー!!突然!嬉しいっ!」と興奮気味に記してあります。

 

2.首座りの頃から釘づけ、「しましまぐるぐる」(かしわらあきお・学研)

生後4カ月から見せていました。色がはっきりとしたイラスト、プラス、顔を認識させる要素があるので、小さいながらもとても興味深く全ページに見入っていました。

読み終わってぼーっとしていると、「またよんで」と言わんばかりにせかすのでもう一度読むことも多々ありました。何度も読むうちに、今日はヘビのページがお気に入りみたい、とか今日はカエルのページでニコニコしてたなー、と興味関心がよくわかり、観察し甲斐がありました。

 

3.型抜きが楽しい「どうぶついろいろかくれんぼ」(いしかわこうじ・ポプラ社)

図書館で見つけ、ヒーがとても気に入ったので買った1冊です。穴あきページをめくると動物が現れ、ヒーの反応がとても良かったです。

色の認識にも役立ち、1歳半頃からは本来のクイズ形式にも答えられるようになり、成長とともに楽しめる1冊です。

ほかにも、「くだものいろいろかくれんぼ」「うみのいきものかくれんぼ」などシリーズがたくさんあるので、お子さんの興味関心に合わせて追加購入するのもおすすめです。

Sponsored Link

 

番外編:生後2カ月から見せていた「白黒赤絵本」(パパ大豆・ハッピーチャイルド)

生まれたばかりの新生児でも認識できると言われている、白・黒・赤の色だけを使い、シンプルな図形やコントラストのはっきりしたイラストの描かれた、蛇腹型の絵本です。これが本当に目で追うんです。

まだぼーっとあたりを見ているだけに思えるヒーに、この絵本を目の前に広げてあげると、スッと視点が結ぶんです。そして「てんとう虫さんだね」など声をかけながら目の前で見せてあげると、目で追うんです。ベビーベッドの脇に広げておくと、順繰りにじーっと見つめていました。そのうちお気に入りの絵に手を伸ばすようになったり、と明らかに認識している様子がわかりました。

現在2歳10カ月のヒーですが、最近はもう少し長い物語を読むことが多いので、これらの本を「よんで~」と持ってくることは少なくなりました。でも少しずつひらがなを読み始めているので、自分で絵本が読めるようになった時には文字数の少ないこの頃の絵本から読み始めるのだろうなぁと想像しています。大切に取っておかなくては。

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です