【やさいの絵本】野菜嫌いが大好きに?モリモリ食べよう!

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【やさいの絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、やさいの絵本

0~1歳におすすめ、やさいの絵本

やさいいろいろかくれんぼ 

【ストーリー】色のページに、型抜きされたページを重ねると…、にんじんやきゅうりやとまとなどの野菜たちが次々と現れます。

型抜き絵本なので赤ちゃんは大好きです。色の名前も覚えられます。

 

きゅうりさんととまとさんとたまごさん

【ストーリー】きゅうりさんが川のそばをお散歩していると、靴が流れてきて…。

きゅうりとトマトとたまごが、靴に乗って川下りをする楽しい絵本です。最後に川に飛び込んでぷかぷか浮かんで流れていくところがヒーは大好きでした。

1~2歳におすすめ、やさいの絵本

にんじんさんがあかいわけ 

【ストーリー】にんじんさんとごぼうさんとだいこんさんがお風呂に行くことになりました。ごぼうさんはお湯が熱くてすぐに出てしまい、まだ真っ黒。にんじんさんは熱いのを我慢していたから真っ赤になってしまいました…。

日本の昔話を幼児向けにやさしい文章で書かれた絵本です。ヒーは、ごぼうを指さして「まだ どろだらけ だねぇ」と言っていました。

やさいさん

【ストーリー】根菜を畑に収穫しにいくお話です。葉っぱだけが土から出ていて、なんのお野菜かな~?と折りたたみのしかけをめくると、にんじんや大根が出てくるしかけ絵本です。

ずっぽ~ん!という音がヒーは大好きで、実際に家庭菜園での収穫の時にも、「ずっぽ~ん!」と言って抜いていました^^

2~3歳におすすめ、やさいの絵本

Sponsored Link

おやおや、おやさい

【ストーリー】やさいたちが、走って競争することになりました。最後に勝つのは…?

それぞれのやさいたちのダジャレも楽しめる絵本です。競争はかなりのデッドヒートで、やさいたちの必死の表情も面白いです。

 

3~4歳におすすめ、やさいの絵本

きゅうりさんあぶないよ

【ストーリー】きゅうりさんが歩いていくと、動物たちが「きゅうりさん そっちにいったら あぶないよ ねずみがでるから」と言って、いろいろな物をくれます。それをどんどん身につけて、姿がすっかり変ってしまったきゅうりさんが、最後に遭遇したものとは……。

繰り返しの言葉でヒーは大喜び。ナンセンス絵本なのですが、絵がとてもインパクトがあり印象深い作品です。

知育ポイント

いつも言っていることなので、読者の皆様にはもうわかっていることかも知れませんが、

一次体験をさせてあげましょう。

野菜の場合でしたら、

  • 旬の野菜を食べるようにする(我が家では冬に夏野菜はほとんど食べません)
  • 買い物の時に、スーパーの野菜売り場で野菜の名前を言いながら買う
  • できれば八百屋で買う
  • 家庭菜園をやってみる(ミニトマトなどはベランダで簡単にできます)
  • 収穫体験をしてみる(芋ほり体験などできる農園があります)
  • 料理をする時に、野菜そのものを触らせてあげてから切ったりする。切った後の切り口も見せています。
  • 食べる時にも、「これはじゃがいもだよ、ほくほくしておいしいね」など声かけをする
  • 3~4歳くらいから、やりたがったら子ども用包丁で野菜を切るのを手伝わせる

などがあげられます。

ヒーも、先日初めて「きゅうりとか、切ってみたい!」と言ったので早速子ども用包丁を買いました。届くのが楽しみです^^

 

子どもを野菜嫌いにしない工夫

今嫌いな野菜は無理して食べなくてOK。「そのうち好きになるよ」とサラッと言っておしまいにし、また間をあけて出します。

「○○ちゃんは、トマトが嫌いなのよね~」などと本人の目の前で言うと、言われたことで(あ、私はトマトが嫌いなんだ…)と認識して思い込んでしまうので、絶対に言わないようにしましょう。

カレーやそぼろやスープや味噌汁に小さく切って入れると食べやすいです。ヒーは、野菜の種類により好きでないものもありますが、味噌汁が大好きなので、たいていのものは味噌汁にすると食べます^^

 

関連記事はこちらから

↓「食」に興味を持たせるための工夫をまとめました。

>>>【食べ物の絵本まとめ】食育は絵本からもアプローチできる?

 

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です