【ねこの絵本】ねこが大好きになる!年齢別おすすめ9選

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった「ねこの絵本」を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→3歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

 

0~3歳児向け、ねこの絵本

0~1歳におすすめ、ねこの絵本

ねこがいっぱい (福音館あかちゃんの絵本)

【ストーリー】大きいねこ・小さいねこ・ふとったねこ。楽しいねこたちが次々に出てきます。

いぬとねこは、赤ちゃんがはじめて出会う一番身近な動物ですよね。ねこ、と一口に言っても、いろんなねこがいます。最後の「みんないっしょににゃーお」というところでは、ヒーも一緒に「にゃーお」と言っていました。

 

ノンタンはみがき はーみー (赤ちゃん版ノンタン)

【ストーリー】「はみがきはーみー しゅこしゅこ しゅっしゅ」ノンタンとおともだちがはみがきをします。

ご存じノンタンの赤ちゃん絵本シリーズです。語呂が良く、ヒーも楽しんでいて、毎日のように読み聞かせていました。

1~2歳におすすめ、ねこの絵本

「ばけねこになりたい 」

【ストーリー】大きな犬にいじめられ、ねずみにバカにされる気の弱いねこが、どうしたら「ばけねこ」になれるか、けなげに努力するお話です。

「こわい顔のれんしゅう」をしているところなどとってもキュートで、ヒーは三本足のかさばけのシーンで大笑いしていました。

「ごろごろにゃーん」

【ストーリー】海に飛行機が一機。ボートから猫たちが飛行機に乗り込みます。飛行機が飛び立つと、クジラから逃れ、雨の中を抜け…。

最初と最後のページを除いて全てのページが「ごろごろにゃーんごろごろにゃーんと、ひこうきはとんでいきます」という文章で、ヒーもすぐに「ごろごろにゃーん!」と一緒に言っていました。

「くろねこかあさん」

【ストーリー】くろねこかあさんがあかちゃんを産みました。しろねこが三匹、くろねこが三匹。くろねこかあさんは六匹のこねこをやさしく育てます。

黒と白のコントラストが美しい切り絵の絵本です。韻を踏んでいるというか、語呂が良く、読み聞かせにリズムが出て読みやすいです。

 

2~3歳におすすめ、ねこの絵本

Sponsored Link

「ねこガム」

【ストーリー】クチャクチャ…プー…。男の子がガムを噛んでいます。どんどんふくらませるとねこの形になって…。

久々にヒットのナンセンス絵本です。何度も読んでと持ってきます。どんどん次の展開が気になる衝撃的な絵本です。

11ぴきのねこ

【ストーリー】いつもおなかがぺこぺこの、11ぴきののらねこに、ひげの長いじいさんねこが「山のずっと向こうの湖に怪物みたいに大きな魚が住んでいる、勇気があるなら行ってごらん」と言いました。11ぴきのねこが湖をめざしてでかけると…。

大人気「11ぴきのねこ シリーズ」です。キャラクターグッズもたくさん売っているので、世界観にハマると楽しめます。何度も読んでストーリーのわかっているヒーは、暗い海のシーンではすでに顔がワクワクした表情になっています^^

「あくたれラルフ」

【ストーリー】ねこのラルフは、いたずらっこを通り過ぎてあくたれと呼ばれるほどのワルいねこ。さんざん悪さをしたら、みんなで行ったサーカスで飼い主家族にとうとうおいてけぼりにされて…。

ページをめくるたびに考えられる限りの悪さをしまくるラルフに、ヒーは「あちゃー…」という表情で見入っていました。「こんなことしていいのかな?」と聞くと青ざめた顔で「だめ…」と言っていました^^

「ノラネコぐんだん おすしやさん」

【ストーリー】お寿司屋さんをのぞきこむノラネコぐんだん。「いーなー」とお寿司が食べたくて、考えます。その夜、ノラネコぐんだんはなにやら細工をすると…。

最近のヒーのお気に入りは、この「ノラネコぐんだんシリーズ」です。悪さをするノラネコぐんだんの憎めなさと、「悪いことをしたとおもっているんですか」「はい…」のくだりで、それ以上の説教はせずに代わりに働かせるというところが好きです。

知育ポイント

実物を見たり触ったりすることが一番です。お散歩の途中でねこを見かけたら、子どもと観察しましょう。家ねこがいるおうちに遊びに行くのもいいかもしれませんね。飼い主さんの許可を得て、触らせてもらえたら、ねこのもふもふのとりこになるでしょう。

触った後に、子どもに鼻水などが出たら、ねこアレルギーかも知れません、ご注意ください。私はねこアレルギーなので、どんなに掃除がしてあって、ねこを別の部屋に隔離してくれていても、その家に入ってすぐに目がかゆくなり、そのうち喉がイガイガしてきて、しまいには鼻水も涙も止まらなくなり、喘息が出ます…。

ねこは可愛いし大好きで遊んだり抱っこしたりしたいのですが、もっぱら「ねこ欲」はノラネコを観察するか、ねこブログなどで満たしています…^^

動物を触った後は、必ず石けんで手をよく洗いましょうね。

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です