必ず読んでおきたい幼児向け【海外の名作絵本】年齢別に紹介

Sponsored Link

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【海外の名作絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、海外の名作絵本

0~1歳におすすめ、海外の名作絵本

「はらぺこあおむし」

【ストーリー】はらぺこあおむしが、食べ物を探しにいきます。月曜日はりんごを1こ。火曜日はなしを2こ…。

エリック・カールの代表作品。りんご、洋なし、すもも、いちご、オレンジ、すいか、のくだものが出てきます。ヒーは食べたところが穴があいているのがお気に入りで、読むたびに毎回穴に指を突っ込んでいました。

今では私は全文覚えているので、たまに夜暗くした部屋で、布団の中で素語り(絵本は見ずに、言葉だけで語ること)をしています。絵本を見ずに声だけで語られると、ヒーの脳裏には絵本が鮮やかに広がっているのだろうなぁ。もしかしたらあおむしが動いていたりして!

 

おおきなかぶ

【ストーリー】おじいさんがかぶの種をまきました。ぐんぐん大きくなって、抜こうとしてもおじいさん一人では抜けません…。

ロシア民話です。こちらも読む方は覚えてしまったくらい読んでいます。素語りをする時に、最後に「ねずみ」も一緒に引っ張っても抜けなくて、「?」と子どもは思うのですが、「ねずみはヒーを連れてきた!」と物語に子どもを登場させると、途端に「!」という表情になって、大喜びするのでオススメです。興奮して寝なくなりますが…^^;

 

1~2歳におすすめ、海外の名作絵本

てぶくろ

【ストーリー】森に手袋が1つ落ちていて、ねずみが潜り込んで、ここに住むことにした。すると今度はカエルがやってきて…。

ウクライナの民話です。もちろんここで地球儀でウクライナの場所を確認します^^

繰り返しと、有り得ないシチュエーションがとっても楽しい絵本です。我が家にはこの英語版のCD付きのものも持っているので、最近はこの英語CDをかけ流しています。

 

2~3歳におすすめ、海外の名作絵本

Sponsored Link

三びきのやぎのがらがらどん

【ストーリー】名前を「がらがらどん」という三匹のやぎが、川を越えた向こうの山へ草を食べに行こうとしますが、川には怖いトロルが住んでいて…。

私がトロルのセリフをすごんで読んだので、ヒーはトロルを怖がって怖がってしがみつくほどでした^^; 機転の利くやぎたちにヒーは良かった~と言っていました。

 

「どろんこハリー」

【ストーリー】お風呂が嫌いな犬のハリーは、お風呂の準備をする物音を聞いておうちを飛び出します。街中でどろだらけになってしまい…。

ヒーはこの絵本を図書館で見つけると必ず借りたいと持ってきます。そろそろ買った方がいいかもしれません^^

3~4歳におすすめ、海外の名作絵本

かいじゅうたちのいるところ

【ストーリー】いたずらっこのマックスが大暴れしたら、お母さんに怒られて夕飯抜きで寝室に放り込まれてしまいます。すると部屋ににょきにょきと木が生え、やがてジャングルになってしまします…。

絵が独特で魅力的なので、小さい頃から読み聞かせていました。小さい頃は、文章は適当にはしょって、絵をじっくりと見させていました。

 

知育ポイント

海外の名作絵本はたくさんあるのでどれもおすすめしたいのですが、絞り切れません!^^ ここでは、主に長く読み継がれているものを選びました。

最近の絵本でも名作!というものもいくつもあるので、いずれご紹介できたらと思います。

とにかくいろんな国の絵本を読んでみるのも面白いです。絵本で世界旅行ができそうですね^^

もし読めたら、英語でも読んであげるとなお良いと思います。

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です