【お正月の絵本】0~3歳児におすすめ、お正月の絵本7選

♪もう~い~くつねると~ おしょうがつ~ 年末からお正月って小さい頃からとても楽しみでした。

実際にヒーに読んでとても反応が良かった「お正月をテーマにした絵本」を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→3歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~3歳児向け、お正月が楽しみになる絵本

0~1歳におすすめのお正月が楽しみになる絵本

「だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)」

【ストーリー】お正月に買うだるまさんが様々な表情を見せてくれる、赤ちゃん絵本の決定版です。

「だるまさんが」では、ぷしゅーでしゃがみ、びろーんで伸びたり。だるまさんの真似っこをする姿がとても可愛いのでぜひ読んであげて欲しいです。

「だるまさんの」では、何度も読むうちに自然に覚えてしまい、自分の目・手・歯・毛を示すようになります。絵本の力は素晴らしいです。

「だるまさんと」では、くだものの名前を覚えたり、動作を真似したりします。特に、まだできないピースを一生懸命やってる風な仕草には萌えます。

 

1~2歳におすすめのお正月が楽しみになる絵本

「おもちのきもち」

【ストーリー】おもちだって悩みがあるんです。「もう、たいへんなんです」お正月、“かがみもち”は、とある決心をします…。

名作「だるまさん が・の・とシリーズ」のかがくいひろしさんの絵本です。おもちの走る姿にヒーは大ウケでした。まだお餅は食べさせられないけど、絵本で楽しむなら大歓迎です。いろんなものの立場に立てるのは、絵本・本のとても良いところです。

 

「あけましておめでとう」

【ストーリー】お正月はどうして「あけましておめでとう」なのかな?男の子がその理由を見つけていきます。

男の子がお正月を楽しむ姿が描かれています。お正月の絵本ではこれが一番やさしく短い言葉で書かれています。ヒーも「あけましておめでとう」の言葉はこの絵本で覚えました。

 

おしょうがつさん どんどこどん

【ストーリー】お掃除をしたり準備をしたら、「おしょうがつさん」が「どんどこどん」とやってきます。

「どんどこどん」という言葉のリズムが楽しく、小さな子どもでも、お正月を楽しく理解できます。ヒーも「どんどこどん!」と一緒に掛け声をかけてくれました。

 

Sponsored Link

2~3歳におすすめのお正月が楽しみになる絵本

「もうすぐおしょうがつ」

【ストーリー】犬のひろくんとゆうちゃんが正月休みにおじいさんとおばあさんのおうちに行って、正月を迎える準備をお手伝い…。

動物たちのお正月を迎える準備が細かく描かれています。ヒーも隅々まで眺めて「この子は何してる?」「これはなに?」と質問攻めでした。

 

「十二支のしんねんかい」

【ストーリー】十二支が集まって新年会を開きます。見開きにわたって十二支の紹介がされ、全員そろって新年のご挨拶…。

五七五や七五調など、声に出して読むととてもリズム感のある文章です。NHKの「にほんごであそぼ」の「ちょちょいのちょい暗記」では十二支は9級と簡単な方なので、3歳でも覚えてしまうかもしれません。ヒーも十二支の暗記に挑戦中です。

 

「十二支のしりとりえほん」

【ストーリー】ねずみ→みつばち→ちょこれーと…。しりとりの中に十二支が順番に出てきます。

しりとりの中に十二支が順番に出てはきますが、だいぶ間に他の言葉が入ってしまうので、ねーうしとらうーたつみー、のように覚えるのには向いていません。言葉がだいぶ出てきてしりとり遊びができる子や、しりとり遊びを教えてあげたい子にヒットすると思います。ヒー(現在3歳0カ月)はしりとりが大好きで、ひらがなも読めるので、自分で絵を指さしてストーリーを楽しみながら読んでいます。

 

2017年は、酉年。

2017年は、酉年です。にわとりの出てくる絵本をまとめましたので、ぜひこちらもご覧になってください。

>>>【2017年は酉年】にわとりの絵本、年齢別オススメ6選!

 

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です