【しかけ絵本】0~3歳児におすすめ、一緒に遊べる絵本9選!

Sponsored Link

ママと子どもが一緒に遊べるしかけ絵本を紹介します。読み聞かせてもらうだけでなく、子どもが自分で触ったり開いたりめくったりできると好奇心がくすぐられます。しかけ絵本だと、より楽しく・印象深く子どもの心に残る気がしています。

実際にヒーに読んでとても反応が良かった「しかけ絵本」を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→3歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

【しかけ絵本】0~3歳児におすすめ、一緒に遊べる絵本

0~1歳におすすめの「しかけ絵本」

「ふわふわだあれ?」

【ストーリー】ふわふわ布を貼りこんだ、さわって遊べるしかけ絵本。ひよこのぴよちゃんのおしりやおなか、猫さん、犬さん、羊さん…手ざわりを楽しみながら五感を育みます。

赤ちゃんも興味を持ってくれる絵本です。ヒーも何度も自分でめくってはなでなでしていました。

 

「いろ」 (赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCH)

【ストーリー】見開き1ページで1色がテーマになっていて、左のページには動物の絵が、右のページにもふわふわ ふさふさ ぽこぽこ ぴかぴか など手ざわりが楽しめるしかけ付きの動物の絵がのっています。

分厚い紙なのでヒーも赤ちゃんの頃よく自分でめくって好きなページを見て触っていました。

 

「どうぶついろいろかくれんぼ」

【ストーリー】「どうぶつのおうさまだよ、だーれだ?」ページをめくると、ライオンが現れます。いろんな色の動物がかくれんぼしています。

型抜きボードブックです。分厚いので丈夫です。動物の名前を覚えるのはもちろん、色を覚えたり、英語表記もあるので英語でも覚えられます。また、クイズ形式なので、2歳頃にはクイズとしても遊べるようになります。ヒーは同シリーズの「くだものいろいろかくれんぼ」も持っています。「むしいろいろかくれんぼ」
「のりものいろいろかくれんぼ」などシリーズでたくさん出ているので、子どもの興味のある分野の絵本を買ってあげてください。

1~2歳におすすめの「しかけ絵本」

はらぺこあおむし」

【ストーリー】ちっぽけなあおむしが食べ物を探しにでかけます。食べても食べてもお腹がすいていて…。

言わずと知れた名作です。食べたところには穴があいていて、ヒーは読むたびにすべての穴に指を突っ込んでいました…。懐かしい。何度も読まされるので私は内容を覚えてしまい、寝かしつけの暗い部屋でよく声だけでお話を暗唱して聞かせていました。きっとヒーの頭の中で、エリックカールの鮮やかな絵が繰り広げられていたことでしょう。文章だけで想像することはIQアップの良いトレーニングになります。

 

「やさいさん」

【ストーリー】畑に行って、野菜を収穫するお話です。「やさいさん、やさいさん、だあれ?」、「すっぽーん!じゃがいもさん!」と顔が書かれたやさいさんが登場します。

我が家は家庭菜園をやっているので、とても受けていました。「今日にんじんさん、すっぽーん!したよねー!」と声かけしながら読んでいました。

 

「でんしゃでいこうでんしゃでかえろう」

【ストーリー】雪が積もる、山の駅。二両編成の小さな電車が出発します。デデン ドドン デデン ドドン…

終点は海の駅で、読み終わると今度は海の駅から(裏表紙から)スタートして帰りの旅に出られます。穴の開いたトンネルの先に次のページの絵がちらっと見えるところが良いです。乗り物好きのヒーは大好きでした。

2~3歳におすすめの「しかけ絵本」

「おばけとかくれんぼ」

【ストーリー】物語に参加できるインタラクティブ絵本です。おばけのおうちの「ドアをノックして」みたり、赤いところを「ポチッ!とおして」みたり、絵本の中で言われたとおり、手や声を使って絵本に触ってみます。それからページをめくってみると、 お話が進んでいきます。

とても楽しい参加型絵本です。ヒーも一生懸命手を叩いたり、声を出したりして本気で参加していました。何度も何度も「よんで!」ともってきました。

 

「おおかみだあ!」

【ストーリー】こちらも参加型絵本。遠くにいたおおかみがページをめくるとだんだん近づいてきて…。

フランスの作家さんの絵本です。たにかわしゅんたろうさんが訳しています。ヒーは、「おおかみきたー!きゃー!」と言いながら一生懸命絵本の指示に従って本を斜めにしたり、横にしたりして遊びました。

 

「まるまるまるのほん」

【ストーリー】こちらもインタラクティブ絵本です。それぞれのページを押してみたり、本をゆすってみたりして遊ぶ、とても楽しい絵本です。

ヒーは大喜びで丸をこすったり本をゆすったりして遊んでいました。次に何が出てくるんだろうといったドキドキ・ワクワク感が最高です。

 

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です