子連れで安心してお花見ができるスポットは?|東京・千葉

Sponsored Link

もうすぐ桜の季節です。お花見を楽しみたいけど、お花見といえば「人混み」「酔客」「たばこの煙」など、子連れにとっては恐怖としか思えない状況が多々ありますよね。総武線沿線で子連れが安心してお花見できるスポットをセレクトしました。

新小岩駅から徒歩6分の「新小岩公園」

40,000平方メートルを超える広い公園で、芝生広場でのびのびと遊べる公園です。グランド周りの並木はこのあたりの桜の名所となっています。

広いので、他の人たちと距離を取ってお花見をできそうです。

 

【新小岩公園】基礎データ

東京都葛飾区西新小岩1-1-3

JR総武線「新小岩」駅北口 徒歩約6分

 

錦糸町駅から徒歩3分、「錦糸公園」

Sponsored Link

駅から近く、そこまで知られていない穴場です。大型遊具もあり、子連れが楽しめる公園です。例年さくらまつりが催されるので、その直前に行けばゆったりとお花見を楽しめます。

IMG_9118らせん状の滑り台がある(右側の赤いらせん)大型複合遊具。

IMG_9116ちびっこはこちらの複合遊具で遊べます。柵に囲われた広い砂場もあります。

 

【錦糸公園】基礎データ

東京都墨田区錦糸4-15-1

桜の本数:162本(ソメイヨシノ・シダレザクラ)

 

オススメはなんといっても「新宿御苑」

有料ですが、公園に酒類の持ち込みが禁止されているうえ、指定場所以外での喫煙も禁止されているため、子連れでも安心してお花見ができます。

去年行きましたが、外国人観光客を含め人が多いものの、公園が広いので混雑している印象は受けませんでした。シーズンの週末に行っても、ちゃんとシートを広げるスペースはゆったりとありました。

 

【新宿御苑】基礎データ

東京都新宿区内藤町11

新宿御苑サービスセンター:03-3350-0151

桜の本数:約1100本(ソメイヨシノ、ヤマザクラ、イチヨウ、カンザンなど約65種)

入園料:一般200円 小・中学生50円 幼児無料

※新宿御苑は公園の自然を守るため、入園にあたっての禁止事項がたくさんあります。必ず入園案内をご確認の上、遊びに行ってください。幸い、ベビーカーの持ち込みは可能です。

※各最寄駅から新宿御苑までのバリアフリールートの案内もあります。ベビーカーの方はこちらも合わせてご確認ください。

 

知育ポイント

桜は、季節の移り変わりを短い期間で感じられます。幼児の記憶力でも覚えていられる期間のうちに変化が見られるので「前来た時には枝だけだったのに、いっぱい咲いてる!」と子どもも感動できます。

近所で見られる桜で構わないので、できれば今頃から、枝だけの状態→咲きはじめ→満開→散って桜吹雪→新緑、の頃まで何度もお散歩をして、変化を見て楽しめると良いですね^^

我が家の近くには桜の名所があるので普段からよく散歩しますが、この時期は、枝のトンネルから桜のトンネルになり、新緑のトンネルになるまで毎日散歩しています。

 

子連れお花見の注意点

  • 川沿いなど水辺のスポットにはなるべく行かないようにしましょう。人混みに押されて転落の恐れがあります。
  • 人が集まるところは、酔客や変な人など、どんな行動を取るかわかりませんので、歩くときは子どもの手を離さず、お花見中も必ず周囲に注意を払って楽しみましょう。
  • 屋台などで提供される、あんず飴、わたがし、フランクフルト、焼き鳥、など「串に刺さったもの」を食べる時には、必ず座って食べましょう。歩きながら食べると転んだ時に目に刺さったり、喉に刺さったりする恐れがあり、死亡する場合もあるので絶対にやめましょう。→「割り箸事件まとめ」
  • 仲間でお花見など、大人が多い場合は、「誰かが見ててくれているだろう」と思って目を離してしまいがちですが、誰も見ていません自分の子どもは自分で見て、きちんと守りましょう。

親はお花見に浮かれ過ぎず、子どもの安全第一に、お花見を一緒に楽しみましょう(自戒を込めて^^;)

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です