1歳後半でボタンの掛け外しはできる!器用にさせるコツ

Sponsored Link

3歳児健診で「自分で着替えられますか」という項目があるので、3歳までにはできていたいボタンの掛け外し。訓練次第で1歳のうちにできるようになります。うちのヒーが2歳前にボタンの掛け外しができるようになった方法をまとめました。

 

1歳でボタンを留められるようになるコツ

それには、ボタンの掛け外しを遊びに取り入れるのが一番です。

私はヒーが1歳7カ月の頃にこのおもちゃを作ってあげました。ボタンで取り外しができます。私はくだものの名前を教えてあげたかったので、こんなのを考えました。間違ったことを覚えてしまうといけないと思ったので(いちご、パイナップル、などは木にならないので)、一応、木になるくだものだけにしてあります。

他にも、アイディア次第で、ボタン遊びのおもちゃは手作りできます。電車がボタンでつながる、鳥がボタンでつながる、きのこがボタンでつながる、、、などなど。

img_7382

 

ちなみに、こどもちゃれんじでは2歳コースの6月号でしまじろうの妹・はなちゃんが送られてきて、ボタンの掛け外し遊びができるようになっています。次の7月号ではステップアップとしてボタンが小さくなったパジャマが届きます。

こどもちゃれんじのDVDでは、ボタンのやり方を教える時に保護者がボタンホールを広げて、ボタン=列車、ボタンホール=トンネルに見立てて「このトンネルにボタンを通してみよう」と声かけをしていました。こういう教え方もあるんだなぁと参考になりました。

 

シール貼りで手先を器用にしておく

 

手先が器用になる手っ取り早い方法が、シール貼りです。シール貼りの遊び方・教え方のコツやそのほかの手先が器用になる遊びについては、年齢別に詳しく書きましたので、下記の記事をご参考にしてみてください。

>>>子どもの手先が不器用?0歳児の、やれば器用になる遊び方!

>>>子どもの手先が不器用?1歳児の、やれば器用になる遊び方!

 

ボタンを練習するならこんなパジャマがおすすめ

Sponsored Link

ボタンの掛け外しの練習に一番良いのは、ボタンとボタンホールの色が同じパジャマです。これだとかけ間違えが減らせます。ヒーのよれよれパジャマ画像ですみませんが、子どもが大好きなキャラクターでこういったボタンの配慮がされているものを選ぶと良いと思います。

mimirin

みみりんのパジャマ

 

ボタンをもっと上手にするには

ボタンをもっと上手にするには、先にも述べた通り、遊びに取り入れるのが一番です。手作りが苦手な方は、市販もされていますので、そちらをぜひ遊びに取り入れてみてください。

 

市販されているボタンの練習グッズ

手作りフェルト教材【電車】

ボタンで電車がつながります。ただ、Amazonでは現在品切れのようです。真似してフエルトで作ってみましょう!

 

手作りフェルト教材【お花】

ボタンで留めると花の輪飾りができあがります。ただ、ボタンが結構小さいので、大きなボタンの掛け外しができるようになってから、こちらをステップアップ用として遊びに取り入れるのをおすすめします。

「メルちゃん きせかえセット ボタンのれんしゅう いちごのパジャマ」

メルちゃんを持っている方は、こういうお着替えセットでもボタンの練習ができます。

Sponsored Link


 この記事へのコメント

  1. ツッキー より:

    ツッキーです。こんにちは。

    いいねしちゃいました^^

    こういう方法で子供が起用になるんですね~。

    私の中で全く知識が無いジャンルだったので面白かったです(*^^*)

    • すー より:

      ツッキーさん、コメントありがとうございます。
      ここ数年で私もメキメキこのジャンルに詳しくなりました^^
      いろんな知育の技を実験しているみたいで楽しいです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です