【雲の絵本】空を見上げよう!どんな雲に出会えるかな?

Sponsored Link

天気のいい日、草原に寝転んで流れる雲を見ているだけでも飽きずに時間が過ぎていきます。一瞬一瞬で違う形に変わっていく雲は、想像力を膨らませるのにもってこいです。

実際にヒーに読んでとても反応が良かった【雲の絵本】を、あらすじと感想を含めて、0歳児向け→4歳児向けの順にご紹介します。対象年齢は目安です。ヒーに一番ヒットした時期を踏まえて設定したものですので、お子さんの興味や理解度によって選んであげてください。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

0~4歳児向け、雲の絵本

0~1歳におすすめ、雲の絵本

くものこくーとそらのなかまたち

【ストーリー】くものこ「くー」ちゃんと、かぜのこ「ふー」ちゃんが空の上でかくれんぼをしながら遊ぶお話です。

かくれんぼしている、くものこ「くー」を探すのも楽しいです。空だけでなく、地上の絵も書かれているところがより情景がリアルで大人でも楽しめました。

 

1~2歳におすすめ、雲の絵本

ちいさなくも

【ストーリー】小さな雲が、いろんな形に姿を変えて遊んでいるお話です。

はらぺこあおむし」でおなじみのエリック・カールの、色が鮮やかな絵本です。子どもが想像しているのではなく、雲目線で姿を変えて遊んでいるところが新鮮です。ヒーはページをめくるたびに「わぁ!」と目を輝かせていました^^

2~3歳におすすめ、雲の絵本

Sponsored Link

「あまぐもぴっちゃん」

【ストーリー】ある日親とはぐれた雨雲が、あるおうちの庭に迷い込んできます。子どもたちは雨雲に「ぴっちゃん」と名付けてお母さんが迎えに来るまでの間だけ、飼うことにしました…。

読み聞かせをしていたら読んでいる私の方が泣けてきた絵本です。イラストがとても力強く大好きな作品です。子どもたちが泣くのをこらえながら泣いている姿で、こらえている力まで伝わってくるような絵です。

絵本をたくさん読む良さは、いろんなタッチの絵と出会えることも重要で、とても子どもにとって有益だと思っています。

3~4歳におすすめ、雲の絵本

セクター7

【ストーリー】霧の中のエンパイアステートビルに観光に来た子どもたち。男の子が雲の子と出会い、雲の国「セクター7」へ連れて行ってもらいます。着いたところは雲の管制塔のようなところ。雲たちは仕様書通りの形にならなければならないことに不満を抱いていました。男の子はしばらく考えると…。

文字のない絵本です。ちみつなイラストが、漫画のようなカット割りで進みます。読んでいるとまるで映画のような印象を受けます。ヒーは、空いっぱいに広がった海の生き物の形の雲たちに歓声を上げていました^^

 

空のおくりもの―雲をつむぐ少年のお話

【ストーリー】あるところに、雲から糸をつむいで、布を織る少年がいました。1日の中で色が変わる雲から、色とりどりの糸をつむぎます。ある日、とても傲慢な王さまに、たくさんの布を織ることを命令されて…。

絵がとても美しくてたくさんの色に出会えます。雲を「少しもらって、必要なだけ」布を織っている少年に、「足るを知る」欲張らないこと、の大切さを教えてもらえる絵本です。

知育ポイント

お散歩の途中に空を見上げてみましょう。「あ、あの雲、ソフトクリームみたい!」「くじらみたいな雲だね~」など、声かけすると、子どもも真似していろんな形を見つけ出してきます。

朝や昼、夕方など、時間を変えて空を見上げるといつもと違った色の雲に出会えるかもしれませんね。彩雲(さいうん)という虹色の雲もあるんですよ。鰯雲に飛行機雲、いろんな形や色の雲に出会えますように。

 

こちらの記事も読まれています

他の【空・天気の絵本】も紹介しています。

>>>理科が好きな子に育てるには?親がしてあげられることは?

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です