牛乳パック工作|ぽっくりでバランス感覚を鍛える!(2歳)

小さい頃よく遊んだ「缶ぽっくり」、懐かしいですよね。「缶ぽっくり」はバランス感覚を鍛えるのはもちろん、土踏まずの形成や姿勢を良くする効果もあります。

今回は、初めての「ぽっくり」を作りました。牛乳パック製なので、室内で遊べます。我が家では雨の日の運動不足解消によく遊ばせています。

牛乳パックで「ぽっくり」を作ろう!

用意するもの

img_6852
  • 1リットルの牛乳パック2本
  • カッターかハサミ
  • 穴あけパンチ
  • ダンボール 7cm×85cmの長方形を2つ
  • ガムテープ
  • 太めのひもやリボン(引っ張った時に伸びないものを選んでください)
  • お好みで、飾りつけの布や画用紙など

 

作り方

Sponsored Link

  1. 牛乳パックの縦方向に四隅に切れ込みを入れます。底辺から7cmくらいは切らずに残しておきます。7cmの部分は高さになります。お好みで高くしたり低くしたりできます。

    img_6853
    img_6854

  2. べろべろになった1つを、半分に折って中に入れます。反対側も同じように半分に折って中に入れます。ひもをつなぐ部分になります。

    img_6856

  3. 7cmの高さで長めの幅(85cmくらいでいっぱいに詰められるくらいです)で切ったダンボールを丸めて詰めます。

    ※向きに注意!写真のようにダンボールのなみなみが見えるように丸めないと、強度が落ちます。

    img_6857
    img_6858

  4. 残りの2か所を折りたたみます。先に片方を折って、反対側に合わせたら一緒に折りたたみます。

    pokkuri04

    pokkuri05

    pokkuri06

    pokkuri07

  5. ガムテープで留めます。

    pokkuri08

  6. 左右の立ち上がり部分に、穴あけパンチで穴を開けます。

    pokkuri09

  7. ひもをしっかりとくくりつけたら、完成です!

    pokkuri10

子どもと一緒に布を貼ったり色画用紙を貼ったり、絵を描いたりシールを貼ったりしてデコレーションすると、オリジナル感が出てやる気がでるかもしれません。

 

遊び方

ぽっくりの、「引っ張りながら同じ方の手足を同時に出して歩く」動作は、初めての場合は相当難しいです。

まずは、子どもの足を乗せて立たせて、後ろからひもを握った手を一緒に握り、持って支えてあげます。そして、「引っ張りながら歩くんだよ」と感覚をつかませます。

少し慣れてきたら、手は子どもに任せて、子どもの後ろに立ち、脇を支えてあげます。少しずつ手を放していくと、1人で歩けています。「お母さん、もう支えないでも一人で歩けてるよ!」と言ってあげるとやる気がさらに出るはずです。

ヒーは、おやつを取りに行くのに「ぽっくり」を使うと、やる気が出ましたw。

img_4876

 

牛乳パック工作は、こちらにもあります

手先・指先を器用にする、体幹を鍛える、など牛乳パックでつくれる「発達を促す」手作りおもちゃをまとめてあります。

>>>2~3歳向け「発達を促す」牛乳パックの手作りおもちゃ

 

子どもの体幹を鍛える遊びとは?

↓子どもの体幹を鍛える遊びとコツを年齢別にまとめました。良かったらご一読ください^^

>>>幼児期に大事な体幹づくり。子どもの体幹を鍛える遊びとは?

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です