2019年1月26日放送「世界一受けたい授業」に出てきた絵本まとめ

2019年1月26日放送「世界一受けたい授業」の1時間目で
紹介されていた【2019年 読んでほしい絵本】をまとめました。

2019年1月26日放送「世界一受けたい授業」の1時間目の内容

先生はどんな方?

1時間目は【2019年 読んでほしい絵本】。
先生は、日本に220人しかいない絵本専門士の資格を持つ、日テレアナウンサー杉上佐智枝先生です。

紹介された絵本リスト

おやすみ、ロジャー 

作者:カール=ヨハン・エリーン
出版社:飛鳥新社

 

いないいないばあ

作者:松谷 みよ子
出版社:童心社

 

ぜったいに おしちゃダメ?

作者:ビル・コッター
出版社:サンクチュアリ出版

双方向の参加型絵本。

ノンタンぶらんこのせて

作者:キヨノ サチコ
出版社:偕成社

シリーズ累計3000万部のベストセラー。

 

おしっこちょっぴりもれたろう

作者:ヨシタケ シンスケ
出版社:PHP研究所

子どもの悩みが軽くなる絵本です。

たべてあげる

作者:ふくべ あきひろ
出版社:教育画劇

好き嫌いをする男の子の前に現れた小さな自分。代わりに嫌いなものを食べてくれるのですが…。すごい結末の絵本です。

えがないえほん

作者:BJノヴァク
出版社:早川書房

こちらは、辻岡義堂アナウンサーが読み聞かせをしたという文字だけの絵本。私も店頭で読んだことがありますが、これは読む方はいやだなぁwという絵本でした(ぶりぶりぶり~とか言わされるのでw)。

 

どんなかんじかなあ

作者:中山千夏
出版社:自由国民社

こちらは障害がテーマの絵本で、子役の田牧そらちゃんによる朗読で紹介されました。
どんな感じかなぁと想像することは大事だなぁと、ヒーに読んであげようと思います。

 


ABOUT US

すー
おもちゃインストラクター・保育ナチュラリスト・UN DECOR講師による、子育ての知恵をシェアするブログです。天才児を育てるべくあの手この手で子どもと遊んでいます。私が子育てする中で大切にしていることや、年齢別のオススメ絵本、実際に買って良かったものなどを娘ヒー(6歳)のリアクションとともに記録します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。