【クリスマス絵本】0~3歳児が何度も「よんで!」とせがむ絵本9選

Sponsored Link

ハロウィンが終わるともう世の中はクリスマス一色になります。日々絵本の読み聞かせをする中で、必ず1月くらい先の季節の絵本を読むようにしているので、ヒーは既にクリスマスを心待ちに毎日クリスマス絵本を読んでいます。

実際にヒーが読んでとても反応が良かったものを、0歳児向け→3歳児向けの順にご紹介します。

年間のべ200冊以上を読み聞かせている絵本の中からのセレクトです。(毎月10冊年間120冊図書館で借り、自宅に50冊、病院や児童ホームなど外で読む30冊以上=200以上)

絵本の選び方については、良かったらこちらの記事「本は心の栄養♪絵本の選び方・読み方・読後のフォローが大事。」を参考にしてください。

 

0~3歳児向け、楽しいクリスマス絵本

外国語を学ぶには、まず「文化を知ること」が大事です。いつか英語に興味を持ってくれるといいな、という気持ちを込めてクリスマスを楽しみましょう。

 

0~1歳におすすめのクリスマスを楽しむ絵本

「コロちゃんのクリスマス」

【ストーリー】犬のコロちゃんがクリスマスの準備をします。クリスマスツリーを飾り付け、早く寝なさいと怒られて、ようやく寝ます。どんなプレゼントをもらったのかな?

外国の絵本なので、シチュエーションが本物のクリスマスです。可愛いイラストと仕掛け絵本なので小さなお子さんでも楽しめます。赤ちゃんでも簡単にめくれる、やさしい仕掛けでクリスマスの楽しい雰囲気がつたわってきます。ヒーも何度も仕掛けをめくって楽しんでいました。

 

「クリスマスのかくれんぼ」

【ストーリー】大人気のかくれんぼシリーズのクリスマス版です。 型抜きされているページをめくると、隠れていたサンタさんや雪だるまやツリーなどが次々と現れます。

ひとりでめくって何度も楽しんでいます。絵を見るだけでクリスマスが伝わりやすく、感覚的にインプットできます。

 

1~2歳におすすめのクリスマスを楽しむ絵本

「おたすけこびとのクリスマス」

【ストーリー】クリスマスの夜。大切な仕事を頼まれたこびとたちのチームは、働く車の列をつくって、夜の町を走っていきます。
どこへ行くのかな、そして頼んだのは、だあれ・・・?

ヒーは女子ですが働く車も大好きなので「おたすけこびとシリーズ」が大好きです。乗り物好きなお子さんにおすすめのクリスマス絵本です。文字量が少なく絵を楽しむ絵本なので、小さなお子さんでも楽しく読めます。

 

「ノンタン!サンタクロースだよ」

【ストーリー】ノンタンがクリスマスにほしいのは、赤いじどうしゃ。サンタさんにプレゼントを頼みたいのですが、クマにはクマのサンタさんが、タヌキにはタヌキのサンタさんがプレゼントを贈ります。ノンタンはなかなかネコのサンタさんに会えません…。

ヒーも大好きな「ノンタン!シリーズ」のクリスマス絵本です。1~2歳頃ならまずはじめは好きなキャラクターのシリーズで「クリスマス」の存在を知るのがとっつきやすいと思います。この本の影響か、ヒーは「サンタさんには赤い車をもらうんだ!」と言っています。トミカの消防車でも用意しておきますか…w。

 

「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス」

【ストーリー】うさこはことしもサンタクロースをたのしみにまっています。ところが、肝心のサンタさんが、くまさんの家でうっかりグーグージュースを飲んで眠ってしまったのです。サンタに代わってプレゼントを配ることになったうさことおばけは……。

ヒーが大好きな「めがねうさぎ」シリーズのクリスマス絵本です。ストーリーを全部覚え、ひらがなは読めない頃から自分で暗唱しながら絵本を読んでいるほど大好きです。

Sponsored Link

2~3歳におすすめのクリスマスを楽しむ絵本

「ぐりとぐらのおきゃくさま」

【ストーリー】ぐりとぐらが見つけた大きな足跡をつけていくと、そこは自分たちの家。玄関をあけると大きな長靴があり、壁には金ボタンのついた真っ赤なオーバーと、真っ白なえりまきがかかっている。家に居たのは…サンタクロースだった!

名作シリーズ「ぐりとぐら」のクリスマス絵本です。タイトルに「クリスマス」と書いていないので、探しづらいと思いますが、クリスマスのお話です。読み途中でヒーはすぐに「サンタクロースだ!」と嬉しそうに気付きました。

 

「サンタさんからきたてがみ」

【ストーリー】クリスマスの前の日、ねずみの郵便屋さんは手紙を雪の中に落としてしまいました。そして一通だけ宛名が濡れて読めなくなってしまいました。さて、誰にきた手紙だったのでしょう……?

イラストがとても素敵な絵本です。真面目なねずみの郵便屋さんの気持ちの変化がとても良く描かれていて、一緒にしょんぼりしたり嬉しくなったりします。濡れた手紙が誰への物か、ヒーと一緒に考えながら読みました。

「あのね、サンタの国ではね…」

【ストーリー】サンタの国での1年はクリスマス・イブに備えて、準備することがいっぱい。3月には、おもちゃの実みがなる畑に水をまき、7月には、望遠鏡を持って良い子を探しに出かけ、11月には…?だから、いつも賑やかです。サンタの国の1年の出来事を楽しく描いた絵本です。イラストもほのぼのとしていて癒されます。

少し文章量が多いので幼稚園児以降向けですが、ヒーには2歳頃から読んでいます。子どもが小さいうちは、絵だけを見せて「おもちゃの畑にお水をあげてるね」で次のページへ行く、くらいでいいかもしれません。文章を読んで聞かせる場合も、文章をはしょって短めに読み進めていくのがコツです。

 

「おおきいツリー ちいさいツリー」

【ストーリー】もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのお屋敷に届けられたのは、見たこともない大きなクリスマス・ツリーで、先っぽが天上につっかえてしまいました。切られた先っぽのゆくえは…。

絵本ではなく単行本ですが、全ページにイラストがあり、文字数もさほど多くはないので、ストーリーの展開が楽しみでどんどん読みたくなります。3歳1カ月のヒーでも飽きずに最後まで読み聞かせられました。img_8022

 

クリスマスをもっと楽しむ

絵本でクリスマスを知ったら、クリスマスツリーを実際に一緒に飾り付けしたり、サンタさんに絵手紙を描いてみたり、クリスマスを楽しみましょう。クリスマスを楽しみに待つ「アドベントカレンダー」を買ってみるのもいいですね。手作りもできます。

>>>アドベントカレンダーを手作りしよう。簡単で子どもが喜ぶ作り方。

 

クリスマスを楽しみに待つ、こんな記事もあります。

>>>2016年イケアのクリスマスツリー、生木の販売はいつ?

>>>手作りクラッカーでパーティを盛り上げよう!(火薬なし)

>>>【クリスマス絵本】0~3歳児が何度も「よんで!」とせがむ絵本8選←今読まれている記事はこちらです

>>>クリスマスケーキを簡単に!子どもと一緒に作って楽しもう!

クリスマスの折り紙はこちら↓↓↓

>>>クリスマスツリーを折り紙で!子どもと作れる簡単な作り方

>>>折り紙でサンタを作ろう!子どもにも簡単な折り方教えます

>>>クリスマスにぴったり、雪の結晶の飾りを折り紙で作ろう!

Sponsored Link


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です